I am 与太郎

やりたいことは全部やる

バイト体験談 其の八 ゲストハウス編

皆さんこんにちは与太郎です。

 

今回のバイトは何を隠そう僕が現在やっているバイトです!

 

「仕事なにやってんの?」と聞かれ「ゲストハウスです」と答えると80%は「え、何それ?」となります。日本ではまだまだ一般に浸透してはいないようです。

ゲストハウスとは外国人向けの宿泊施設です。もちろん日本人でも泊まれます。サービスや設備を最低限にし、その分客室単価を下げています。ホテルのような堅苦しさはなく、フレンドリーでゆるめの雰囲気です。

ゲストハウスといっても様々な形態があり、規模の大小も様々です。

最近は東京にもたくさんのゲストハウスができてきています。ドミトリーと呼ばれる相部屋中心のものから、うちのように各部屋4〜6名定員のファミリーなどグループ向けのゲストハウスもあります。

f:id:iam-yotaro:20170807204227j:plain

 

仕事内容

・フロント業務、ゲストのチェックイン対応やヘルプ。

・清掃業務、チェックアウト後の客室清掃(うちは小規模なので清掃も外注せず全部自分たちで行います)。

・予約管理。

シフトは一日二交代制で常にシフト内は一人で回します。

必要なタスクを終わらせてしまえばあとは自由です。ぶっちゃけ実働は拘束時間の半分あるのかなってくらいです。。

今までのバイトの中で断トツでストレスフリーの環境!肉体的にも精神的にも。

時給は1000円で交通費も出ます。

僕は今までいろんなバイトをしてきましたが、これは結構な神バイトです。

 

メリット&デメリット

メリットは何と言っても”楽”なことですかね。融通がきくといったほうがいいかもしれません。勤務中は基本一人なのでご飯を食べるタイミングなど自由ですし、暇な時間は自分の時間に充てれます。映画を観たりする人もいます。

それとこれはうちの会社だけだと思いますが、社員旅行として海外に連れていってもらえたり、頻繁に食事会など飲み会をしますが、美味しいもん好きなだけ食べてもお代は全部出してもらえます。このように入ってみないとわからないメリットが多々あります。ただこれはゲストハウスのバイトと言うより社長の問題ですね。

 

ここまで良いことだけを書いてきましたが、逆にデメリットやこの仕事に向いてない人について書いていきます。

 

まずお客さんは外国人が多いので英語が必須です。

この時点で多くの人が諦めざるを得ませんが、なにもペラペラである必要はありません。うちで働いている人たちも海外留学やワーホリに行っていた人が多いですが、日常会話がある程度できるレベルなら大丈夫です。

次に一人で仕事をするのが苦痛な人。これは言うまでもなく向いてないでしょう。。

あと、先ほど”楽”と書きましたが”誰でもできる”と言う意味ではありません。

仕事に対してはしっかりと確実にこなさなければなりませんし、自主的に今必要な仕事を見つけてこなしていく自発性も求められます。シフト時間内は一人なのでその間に起こったことに関して責任を持たなければなりません。急な出来事に対しても的確に対処する必要があります。なので人として”雑”だったり”テキトー”な人には向いてないでしょう。

 

 

まとめ

百聞は一見に如かず。いろんなバイトを経験して自分に向いているものを見つけましょう。