I am 与太郎

やりたいことは全部やる

オーストラリア ワーホリ ファーム&セカンドビザ編

みなさんこんにちは与太郎です。

 

 

ファームジョブ

オーストラリアワーホリといったらファーム!!

ブリスベンでの生活が終わった後、僕はファームジョブをしに行きました。

ファームへ行く理由は大体以下3つ。

 

セカンドビザ

お金

経験

 

セカンドビザ 

圧倒的に多いのはセカンドビザです。

セカンドビザとは、通常オーストラリアにワーキングホリデービザで滞在できるのは1年間ですが、その1年の間に3ヶ月間(厳密に言うと88日間、しかも実労働日数しかカウントしないと言うファームがあったりと曖昧なので念のため長め)決められた職種(主にファーム)に従事することでもう1年ワーホリができるようになるビザです。

しかもセカンドビザを申請するのはワーホリの年齢制限内であればいつでも構いません。2年間ぶっ続けでオーストラリアにいなくても良いと言うことです。

ということは最初の1年が終わった後帰国し、数年後にまたセカンドビザでオーストラリアにワーホリしに行くということもできます。

ビザを申請してから1年以内に出発しないといけないのは最初の時と同様です。

なので今はその気は無いけどあとあとまた行きたくなるかもしれないから念のため取っておこうというのもありです。

 

 

 

 

だから皆ファームへ行くんです。

f:id:iam-yotaro:20170808184445j:plain

 

経験としてかなり貴重なもので僕はセカンドビザ目的じゃなくてもファームへ行くのはオススメします。こんな経験日本ではなかなかできませんから!

 

ちなみに僕の目的はもちろんセカンドビザとお金です!

まだ日本にいた頃ネットで色々調べてたらファームの情報が多くて、全く稼げなかったっていう人ももちろんいましたが、一方で半端ない額を稼げるという情報もあったので、絶対にファームドリームを掴んでやるという気持ちが強かったです。

なのでセカンドはもちろんのこと大金も稼ぎたいっていうスタンスで当時生活してましたからそういう目線で書いていきます。

 

セカンドビザ必要書類

まず一番重要なのが"Form 1263"です。

これにオーナーが労働日数やサインなど記入したものが実際に働いた証拠にもなります。ファームが持っていることもありますが事前に自分で用意しておいた方が良いでしょう。

次にPay slip(給与明細)とPeyment summaries源泉徴収)です。

これらはもらったらちゃんと全て保管しておきましょう。くれない場合は催促しましょう。

あとはBank statement(銀行明細書)これは必要であれば取得しましょう。

 

 

ファームジョブの給料

こればっかりはホントにピンキリ!

主に歩合制と時給制ですがファームは歩合制の方が多いと思います。

歩合の場合、本人の仕事のスピード次第となってくるのでアホほど稼ぐやつもいますがクソほど稼げないやつもいるのが現実です。

ただ歩合のレートはファームや作物によって違うのでどれだけ”良い”ファームを見つけられるかが鍵です。

時給$20以上でコンスタントかつ長期で働けるファームを見つければまぁ当たりでしょう。

ただし、野菜や果物の収穫は季節が限られているので収穫し終わったら仕事も無くなります。短ければ数週間、ほとんど1〜2ヶ月で終わってしまいます。

そうしたらまた新しいファームを探しに移動しないといけません。なのでファームで安定的に稼ぐのは難しいのです。中には3ヶ月以上長期で働けるファームもあるので見つけたらラッキーです。

セカンドを申請するには決して1つのファームで日数を稼ぐ必要はありません。複数のファームで働いても合計で必要日数を働けば良いのです。ですから安心してください。

 

 

ファームの見つけ方

これは様々で人からの紹介や求人、バックパッカーズホステル通称”バッパー”に泊まり斡旋してもらうなどなど。

全くオススメはしませんが、日本人向けに仕事を斡旋している”ピッキーズ”というエージェントもあります(今もあるかは不明)

 

ちなみにファームジョブでは基本的にレジュメ(履歴書)はいりません。

オーストラリアではレジュメを持って働きたいところに直接手渡ししに行くというめちゃくちゃアナログな方法が今でも一般的だと聞いて驚きました。

オージーも実際やっているのか、はたまた外国人がオーストラリアで働く時の方法なのかよくわかりませんが僕はこの方法はやったことがありませんしあんまり信じてないです。。。

何れにしてもシティジョブをする際はレジュメが必要になるので事前に作っておくと良いでしょう。

これについてもまた書きたいと思います。

 

 

 

ファームに行く時期

僕は語学学校が終わったらすぐに行こうと決めていました。こっちに来てすぐにファームに行くのもありですが、ファームは情報やコネが大事なので不安な人は数ヶ月学校行くなり仕事するなりして現地の生きた情報を集めてから行ったほうがいいと思います。

 

オススメしないのは期間をギリギリ残して行くこと。

「残り4ヶ月あるから今から行けば大丈夫だ」という考え方は危険です。

もちろんセカンドビザ目的でないのなら問題ありません。

 

ファームジョブでは不測の事態がこれでもかと言うほど起こります。そもそもすぐに仕事にありつけるとは思わないでください。ファームはオーストラリア全土に相当な数がありますが世界中からファームジョブを求めて人がやってくるので人気のところは常にワーカーでいっぱいで仕事待ちすることもあります。ましてや季節や天候によっては思うように働けずお金はもちろん日数を稼げない可能性も出て来ます。

なのでセカンドビザ目的の人は少なくとも6ヶ月は残してファームへ行ったほうがいいでしょう。

 

またセカンドビザの審査も年々厳しくなってるとも聞きますし条件も色々あったり結構みなさん苦労されてるみたいでした。

この背景は色々と言われていますが、セカンドビザの売買ビジネスの存在や不正な取得の横行が過去にあったから厳しくなっているんじゃないかと思います。

ファームはできれば行きたくないけどセカンドは欲しいっていう人や日数が足りない人をターゲットに”Cityにいながらセカンドが取れる”とかセカンド売ります”というビジネスをしてる人たちもいました。

どうしても正規な方法以外でセカンドが欲しいという方は様々なリスクを覚悟した上で試してみてはいかがでしょうか。

実際セカンドビザは運の要素も結構強いので取れちゃう人は簡単に取れちゃうし、ちゃんと条件を満たした人でも審査に引っかかったりして取れるまでに数ヶ月要する人もいます。

僕の友達でも半年以上ファームで働いたのにビザが下りるまで4ヶ月くらいかかった人もいました。無事取れましたけどね。

 

ここまでがファームジョブ&セカンドビザの基礎知識です。事前にしっかり知識をつけたらいざ出発です。

 

 

ではどこのファームへ行ったら良いのでしょうか?

 

 

 

 

 

答えは・・・・

 

 

 

 

 

知りません(笑)

 

というか自分で探してください!

僕が働いたのなんてオーストラリアにごまんとあるファームの中のたった5〜6箇所にすぎません。もちろん現地で様々なファームの噂や評判は見聞きしましたが、それも3〜4年も前の話で現在とは状況も変わっているでしょう。

なので常にアンテナを張りその時期その場所の旬な情報を自分の力で見つけてください。

 

ファームの街として一番有名なのは”バンダバーグ”でしょう。

そのため毎年世界中からたくさんの人がファームジョブをしにこの街に来ます。

そして情報も腐る程あります。ですがそのほとんどが悪い評判です。

こうも悪い情報しかないのにバンダバーグへ行く人は一体なんなんでしょうか??

日本人でも結構いるんですよ。。。

 

 

 

そんな僕が行ったのはタスマニアです!!

f:id:iam-yotaro:20170808201026j:plain

 

タスマニアンデビルです。なんでも食べるそうです。。。

タスマニアではチェリーピッキングがかなり稼げるということを聞いたのでトライしに行こうと思いました。

 

ちなみにタスマニアはオーストラリアの南にある赤い部分の島です。

f:id:iam-yotaro:20170808201632p:plain

 

こうして僕はタスマニアに向かうのであった。。